賃貸6畳で大画面を安く楽しむプロジェクター「EPSON dreamio EH-TW650」を見つけた!

thumbnail

100インチのホームシアターを狭い部屋で楽しみたい

映画館に行くのは好きだけど、毎日は行けないし、

できることなら家で映画館気分を味わいたいなら、大型テレビよりは断然プロジェクターです。

というのも、映画館と同様に楽しみたいなら部屋を暗くして鑑賞したいし、

そもそも60インチや70インチの大画面テレビを置くスペースは6畳にはありません。

さらに言えば、家は賃貸だからプロジェクターを天吊りはできないし、

狭い部屋に敷き詰められた家具に合わせてプロジェクターも設置しなければなりません。

 

そこで今回個人的に賃貸で6畳の部屋で大画面を楽しむプロジェクターを見つけたので紹介します。

 

EPSON dreamio EH-TW650

価格:9万円前後

フルHDかつ、3,100lmという明るさを持っている9万円前後で購入できるエプソンのプロジェクター、『EH-TW650』です。

 

何よりのポイントは設置性!

 

縦の台形を補正してくれる機能はもはやほとんどのプロジェクターについていますが、

このエプソンのプロジェクターは、「ヨコ台形補正」付き!

(エプソン独自の機能:ピタっと補正機能)

つまり、スクリーンからみて、正面だけではなく、縦横斜めほとんどの方向から映写が可能の優れものなのです。

ピタっと補正機能

 

特に6畳の部屋でプロジェクターを設置したい場合、設置性の問題は最重要課題です。

6畳の部屋にスクリーンを設置したい場合、スクリーンの場所は固定のため、

部屋の家具に合わせてプロジェクターの設置場所を動かすしかありません。

 

しかし、縦台形補正機能のみだとプロジェクターは正面に陣取ることになり、

天吊りにでもしない限り、プロジェクターは常に自分の真後ろ、もしくは目の前に置くことになります。

これは狭い部屋には死活問題です。

 

例えばソファが部屋の真ん中にあり鑑賞ポイントの場合、

3つの設置場所があると思います。

 

・ソファの前に置く場合

→100インチを投射するための、投射距離が足りない

→邪魔なため、毎回しまう必要がある

 

・ソファの後ろに置く場合

→自分がプロジェクターの影にならないようにある程度高い台を用意する必要がある。

→そもそもそんな大きな家具が邪魔

 

・ソファの横に置く場合 (ヨコ台形補正機能があると可能!)

→小さなサイドテーブルを用意して、そこに置けばいいだけ

 

このように、「ヨコ台形補正」機能があるだけで、設置場所の自由度が大幅に増えます。

天吊りができるお家なら、「ヨコ台形補正」機能は必要ないと思いますが、

賃貸に住んでなおかつ6畳ほどの狭い部屋に住んでいるかたには、

絶対「ヨコ台形補正」機能がマストです。

 

EPSON dreamio EH-TW650超おすすめです

そして9万円ほどの価格帯でフルHDで「ヨコ台形補正」機能が付いているプロジェクターなんてほとんどありません。

そして、プロジェクター初心者なら、画質面を気にしていてもキリがないので、せめて「フルHD」ぐらいを気にしておけばいいと思います。

 

ですので、

EPSON dreamio EH-TW650

超おすすめです。

 

上位機種の「EH-TW5650」もありますが、

3万円ほど価格が上がるので、お財布との相談ですね。

とりあえず大画面でみれればいいやという人にはEH-TW650で十分満足行くと思います。

 

超短焦点プロジェクターという選択も

それから、部屋が狭いなら超短焦点プロジェクターという選択もありますが、

どうしてもスクリーンに投影すると画像がかなり歪むため、壁に投影する!という人には超短焦点プロジェクターがおすすめです。

LG PH450UG 

10万円以下で探しているなら、このプロジェクターなどがおすすめです。

ただ、スクリーンに投射予定のかたは、スクリーンの歪みがかなりきになるはずなので、あまりおすすめしません。

 

 

 

 

 

Back To Top