Soudcloudを使えばめちゃくちゃ簡単にPodcastが始められる!

thumbnail

Podcastを始めるのは結構めんどくさい

Podcastをやってみたいと思っても、
Youtubeにアップするのとは違い、Podcastはサーバーも自分で作らなければいけないし、
結構めんどくさいです。

そこで、「SoundCloud」を使いましょう。

 

SoundCloudとは?

「SoundCloud」とは、音声ファイルを個人でアップロードして、
世界中の人に届けることができるサービスです。

「Youtube」が動画投稿サイトなら、「SoundCloud」は音声ファイルに特化した投稿サイトです。

そんな「SoundCloud」音楽が投稿できるので、勿論Podcast用に録音した音声ファイルだってアップロードできます。

 

SoundCloudを使うと何が楽?

Podcastの面倒くさいのって、

自分でサーバーを用意して、RSSフィードにつないでとすべて自分で用意しなければなりません。
すでにブログなどをやって、サーバーを持っている人ならばそれほど問題ないのですが、
まず「PodCast」だけやりたいと言う人にはハードルが高いです。

そこで「SoundCloud」なら、このサービスだけでファイルのアップロードから、
さらにAppleのPodcastにRSSフィードへのつなぎ込みまで完結するので、超絶らくちん、簡単です。

 

どうやって始める?

まずはやってみようということで、

どのように始めるかまとめて観ました。

  1. 「SoundCloud」のアカウント作成
  2. 「SoundCloud」に音声ファイルをアップロード
  3. RSSフィードをItunesConectで接続

上の作業をすれば、iphoneのPodcastアプリに反映され、

ミッション完了です。

1.「SoundCloud」のアカウント作成

まあここはそれほど難しくないので、
https://soundcloud.com/

上記のサイトのCreate Accountから、アカウントを作成しましょう。

プロフィールも設定できるので、番組名やアイコンも登録しておきましょう。

 

2.「SoundCloud」に音声ファイルをアップロード

すでに録音済みのファイルがあるなら、右上の「Upload」から、アップロードが可能です。

ファイルをドラッグ&ドロップでアップロード可能です。

 

設定画面では、タイトル(title)や説明文(Description)が設定可能なので、
こちらも必ず入力しておきましょう。

 

3.RSSフィードをItunesConectで接続

音声ファイルをアップロードできたらあと一息です。

右上の「・・・」から、Settingsを押して、URLを取得します。

「RSS feed」からURLをコピーして、「ItunesConect」へと接続します。

https://itunesconnect.apple.com/login

AppleIDでログインしたら、

「PodCasts Conect」をクリックして、下記の画面になったら先程のURLをペーストします。

送信を押したら完了です。

 

Podcastを始めよう

上記の手順だけで、とりあえずPODCAST配信は可能です。

ただ問題として、SoundCloudの無料プランでは3時間分のアップロードしかできないので、
本格的に運用するのであれば、有料プランにするざるを得ません。

無制限だと1600円ほどかかるので、ちょっと高いですね。

類似サービスとして「hearthis.at」というサービスもあるので検討中です。

 

 

Back To Top