BIツールを紹介

業務効率化
BI concept on green blackboard with businessman hand holding paper plane
スポンサーリンク

データ可視化のBIツールは多岐にわたっています。
その中から、自身で触ってみた体験から、
皆様にご紹介します。

・Microsoft Power BI
データのビジュアル化 | Microsoft Power BI
Microsoft Power BI のデータ ビジュアル化ツールでデータをチャンスに変えます。エンタープライズ データからインサイトを導き出して、より優れたビジネス上の意思決定を下します。

個人的におすすめです。
無料の範囲でも、かなりの機能を使うことができ、
業務の範囲によっては、無料で問題なし!
また、Power BI desktop を使えば、データの加工や整形が自由自在です。
とりあえず簡単にデータを可視化したいかたにおすすめ。

 

・Google data studio
カスタム レポートやダッシュボードを手軽に作成 - Google データポータル
データポータルでは、データに基づいた詳細で読みやすいカスタム レポートやダッシュボードを作成し、簡単に共有できます。

Googleの本気はすごい!なにより、Googleなので、
googleスプレッドシート、AdWords、Analytics と
Google系データソースは網羅している点は非常に助かります。
(最近のアップデートで、Twitter広告・Facebook系も対応したとの噂…?)

まだまだ、機能は限られていますが、データソースの豊富さからみても、
とりあえず完全無料なので(現時点)使ってみてください!という感じです。
Googleのことなので、これからもアップデートが楽しみです。

・Tableau
Tableau: Business Intelligence and Analytics Software
Tableau is visual analytics software for business intelligence. See and understand any data with Tableau.

最後は有料ツールです。
有料なだけあって、非常に機能が豊富。
特に印刷したい要望が多い際にPowerBIや、Googledatastudioと比較しても、
非常に印刷への機能が充実していることが助かります。

有料なので、ハードルは高いですが、
データ加工・整理が簡単なので、可視化がっしり取り組みたいかたに、
向いているかなーと思います。

 

・最後に

私の場合、Twitter広告や、Facebook・Adwordsなど広告系のデータを使いたいので、
データ接続が簡単なGoogle data studio が一歩リードかなと思います。
(やはり管理画面からCSVをダウンロード→BIツールにアップロードという手順はめんどくさいです)

それぞれの用途により、ツールの向き不向きがあるので、
とりあえず触ってみることがおすすめです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました